IPフォンならお得に楽しく通話ができる!

古い機器をビジネスで利用

コピー機

ビジネス機器といえば、現在でもFAXやコピーなどを一つの筐体におさめた、複合機と呼ばれるものが幅広く使われています。これらの機器は通常リース契約を結んで、新品を利用することが多いのですが、最近ではコスト面から中古の機器をリース契約して利用することも広まってきています。これらの中古複合機をリースする流れとしては、基本的には新品と同じなのですが、すでにその機器が存在して、すぐに納品可能ということが、違う点になります。中古の複合機を扱っている業者では、整備済みの機器が多く在庫として存在していますので、店頭に行って実機を確認しても良い方法です。もちろんインターネット上で、これらの機器を紹介していることもありますので、時間がない場合にはインターネット経由でも良いです。こうして機器を選択したら、あとはリース契約になるのですが、中古といっても、トナー代や保守料金は必要になっていますので、合わせて考慮すべきです。毎日のように使うことになる複合機ですので、きちんとメンテナンス費用も事前に考えておくべきなのです。こうして機器が決まり、リース料金も定まれば、あとは自社に運んでもらう日程を決めれば、使えるようになるわけです。なお長期的にはいずれ交換することも考えるべきなので、ビジネスの中長期計画での設備投資の中に、この費用も組み込んでおくと良いです。このようにビジネスの中核機器となる、複合機も中古で用意することで、導入費用やランニングコストを抑えることができるのです。